読み上げ用スキップ設定です。このスキップから本文へジャンプします

認知症に対する理解について

実施概要

担当部局 実施期間 対象者数 回答者数 回答率 最終報告
長寿介護課 2015年09月04日から 2015年09月27日まで 1215 823 67% 表示

 三重県長寿介護課介護・福祉班です。
 今後、75歳以上高齢者の増加が予想されており、懸念されているのが認知症患者の増加です。
 三重県では、認知症を正しく理解していただくための普及・啓発等に取り組んできましたが、これまで取り組んできた認知症施策が、平成21年度及び平成24年度に実施したアンケートの結果と比較し、県民の皆様に対してどこまで進められているか、また、認知症や認知症施策への認知度がどのようになったかを調査するため、アンケートを実施します。
 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。


Q1 認知症について

※認知症とは、脳や身体の病気が原因で、記憶・判断力などの障害がおこり、普通の社会生活が困難になる状態をいいます。
あなたは認知症という言葉をご存じですか。

合計 823  
知っている 819 99.5%
知らない 4 0.5%

Q2 認知症に対する意識

あなたは、認知症が病気だと思いますか。

合計 823  
そう思う 536 65.1%
どちらかといえばそう思う 212 25.8%
どちらかといえばそう思わない 36 4.4%
そう思わない 31 3.8%
分からない 8 1.0%

Q3 偏見の有無の傾向

あなたは、認知症の人が偏見を持って見られる傾向にあると思いますか。

合計 823  
そう思う 216 26.2%
どちらかといえばそう思う 417 50.7%
どちらかといえばそう思わない 87 10.6%
そう思わない 84 10.2%
分からない 19 2.3%

Q4 認知症に対する不安

あなたは、ご自身やご家族等について、認知症に対する不安や心配がありますか。

合計 823  
ある 435 52.9%
どちらかといえばある 305 37.1%
どちらかといえばない 51 6.2%
ない 16 1.9%
分からない 16 1.9%

Q5 「予防できる認知症」の認知度

認知症の原因になる病気には、予防できるものがあることをご存じですか。

合計 823  
よく知っている 84 10.2%
少し知っている 334 40.6%
聞いたことはあるがあまり知らない 304 36.9%
全く知らない 101 12.3%

Q6 「治る可能性のある認知症」の認知度

あなたは、「治る可能性のある認知症」があることをご存じですか。

合計 823  
よく知っている 71 8.6%
少し知っている 262 31.8%
聞いたことはあるがあまり知らない 316 38.4%
全く知らない 174 21.1%

Q7 若年性認知症の認知度

あなたは、65歳未満で発症する若年性認知症のことをご存じですか。

合計 823  
よく知っている 206 25.0%
少し知っている 424 51.5%
聞いたことはあるがあまり知らない 172 20.9%
全く知らない 21 2.6%

Q8 「三重県認知症コールセンター」の認知度

あなたは、認知症に関する悩みや相談を受ける「三重県認知症コールセンター:電話番号059−235−4165(よいろうご)」をご存じですか。

合計 823  
よく知っている 11 1.3%
少し知っている 25 3.0%
聞いたことはあるがあまり知らない 125 15.2%
全く知らない 662 80.4%

Q9 「認知症疾患医療センター」の認知度

あなたは、認知症に対する専門医療等を行う「認知症疾患医療センター」という機関をご存じですか。

合計 823  
知っている 23 2.8%
少し知っている 39 4.7%
聞いたことはあるがあまり知らない 132 16.0%
全く知らない 629 76.4%

Q10 認知症に関する相談先

あなたが、ご自身やご家族等について認知症に関する不安を持ったとき、相談したいと考えるのは、誰(どこ)ですか。(複数回答可)

合計 823  
家族・親族 584 71.0%
知人・友人 237 28.8%
民生委員 39 4.7%
医療機関 613 74.5%
地域包括支援センター 129 15.7%
社会福祉協議会 66 8.0%
市町役場の保健福祉窓口 199 24.2%
電話相談(三重県認知症コールセンター等) 114 13.9%
分からない 38 4.6%
その他 12 1.5%

Q11 認知症サポーターの認知度

「認知症サポーター」(認知症に関する学習会を受講し、認知症の人やその家族を温かく見守る応援者)についてご存じですか。

合計 823  
よく知っている 51 6.2%
少し知っている 80 9.7%
聞いたことはあるがあまり知らない 185 22.5%
全く知らない 507 61.6%

Q12 認知症サポーター養成講座への参加意欲

あなたは、Q11の設問にあります、「認知症サポーター」を養成する講座を受講してみたいと思いますか。

合計 823  
すでに受講した 37 4.5%
受講したい 72 8.7%
どちらかといえば受講したい 289 35.1%
どちらかといえば受講したくない 132 16.0%
受講したくない 67 8.1%
分からない 226 27.5%

Q13 認知症対策に取り組む企業への印象

企業の社会的責任(CSR)の観点から、認知症対策(認知症サポーターの養成など)に積極的に取り組む企業について、どのような印象を持ちますか。

合計 823  
良い印象を持つ 394 47.9%
どちらかといえば良い印象を持つ 315 38.3%
どちらかといえば悪い印象を持つ 3 0.4%
悪い印象を持つ 1 0.1%
特に感じない 55 6.7%
分からない 48 5.8%
その他 7 0.9%

Q14 運転免許更新時における講習予備検査(認知機能検査)の認知度

あなたは、運転免許更新時の高齢者講習について、75歳以上の方を対象に記憶力や判断力の状況を測定する「講習予備検査(認知機能検査)」が義務付けられていることをご存じですか。

合計 823  
よく知っている 295 35.8%
少し知っている 305 37.1%
聞いたことはあるがあまり知らない 117 14.2%
全く知らない 106 12.9%

Q15 認知症施策について

社会としても、最も重点を置くべき認知症施策は何だと考えますか。重要だと思うものを選んでください。(複数回答可)

合計 823  
予防への取り組み 608 73.9%
早期発見への取り組み 610 74.1%
医療機関の整備 282 34.3%
医療機関と介護との連携の強化 449 54.6%
治療方法の開発 395 48.0%
施設やサービスの整備・充実 338 41.1%
介護職員への教育・研修 199 24.2%
正しい理解の普及 389 47.3%
相談支援体制の充実 309 37.5%
地域で支える取り組み 256 31.1%
若年性認知症患者への取り組み 236 28.7%
その他 30 3.6%