読み上げ用スキップ設定です。このスキップから本文へジャンプします

県議会の活動についてのアンケート及び地域医療についてのアンケート

実施概要

担当部局 実施期間 対象者数 回答者数 回答率 最終報告
議会事務局 2015年11月27日から 2015年12月07日まで 1211 765 63% 表示

 三重県議会では、例年12月に1年間の県議会の主な活動を振り返る「三重県議会10大ニュース」を発表しています。
 「三重県議会10大ニュース」を選ぶにあたっては、県民の皆さんのご意見も参考にしています。
 選定した結果は、12月下旬の議長定例記者会見で発表し、その後、県議会ホームページに掲載する予定です。皆さんが10大ニュースと思われる活動について、お聞かせください。

※平成26年の結果は「平成26年三重県議会10大ニュースの発表について」をご覧ください。
http://www.pref.mie.lg.jp/KENGIKAI/gicho/kaiken/pdf/20141224/happyou1.pdf
※各活動の概要は、添付ファイル(PDF形式)もしくは、県議会ホームページをご覧ください。
http://www.pref.mie.lg.jp/KENGIKAI/

 また、三重県では、県民の皆さんが必要なときに安心して医療を受けられることをめざしています。地域医療政策を推進していくにあたっての参考とするため、以下のアンケート調査を実施します。ご協力をお願いします。



Q1 「三重県議会の活動に関する調査(10大ニュースの選定)」

 最初に、三重県議会事務局からお聞きします。皆さんが10大ニュースと思われる活動を、次のニュース一覧から最大10個まで選んでください。
 ※「その他」は、選択肢以外で、あなたがおすすめの取組がありましたら選んで下さい。
【最大10個まで】

合計 765  
障がい者雇用促進調査特別委員会の委員長報告(1月) 165 21.6%
統一地方選挙の実施(4月) 332 43.4%
県議会新体制の発足(5月) 130 17.0%
「人口減少対策調査特別委員会」を設置(5月) 246 32.2%
議員任期4年間を見据えた議会活動計画を検討(5月) 76 9.9%
伊勢志摩サミットに向けて議員協議会を設置(6月) 626 81.8%
正副議長と女性議員の意見交換会を開催(6月) 75 9.8%
「地方創生に関する政策討論会議」を設置(6月) 184 24.1%
三重県議会「議員勉強会」を開催(7月、12月) 54 7.1%
紀伊半島三県議会交流会議を尾鷲市で開催(7月) 139 18.2%
「平成27年版成果レポート」に基づく今後の県政運営等に関し知事に申し入れ(7月) 81 10.6%
地方創生・人口減少対策に関し知事に提言(9月) 229 29.9%
公共政策大学院からインターンシップ実習生を受入れ(9月) 114 14.9%
知事訪米により議事日程を変更(9月) 50 6.5%
「三重県手話言語に関する条例検討会」を設置(10月) 96 12.5%
「みえ県民力ビジョン・第二次行動計画」(仮称)中間案及び「次期の行財政改革取組」(素案)に関し知事に申し入れ(11月) 98 12.8%
「みえ現場de県議会」を開催(11月) 87 11.4%
その他 19 2.5%

Q2 かかりつけ医について

 ここからは、医務国保課からお聞きします。あなたは、「かかりつけ医※」をお持ちですか。
※かかりつけ医とは、健康を管理するために、普段から心身の状態について気軽に相談できる身近な医師のことです。

合計 765  
持っている 433 56.6%
持っていない 332 43.4%

Q3 医療機関の役割分担について

 お住まいの地域にある医療機関が役割分担していることを知っていますか。例えば、脳卒中のとき、まず地域のなかのどの病院が受け入れて治療をし、その後、どの病院がリハビリテーションを行うか知っていますか。

合計 765  
知っている 65 8.5%
ある程度知っている 131 17.1%
あまり知らない 291 38.0%
知らない 278 36.3%

Q4 夜間や休日における対応について

 夜間や休日に自分や家族などが急な発熱や体調不良になった場合、どのように対応すればよいか知っていますか。

合計 765  
知っている 199 26.0%
ある程度知っている 378 49.4%
あまり知らない 147 19.2%
知らない 41 5.4%

Q5 地域の医療機関の情報について

 普段からお住まいの地域にある医療機関の診療内容(診療科目や診療時間、時間外の対応など)や、予防接種や各種健診の実施などに関する情報等を、入手することができますか。

合計 765  
入手することができる 203 26.5%
ある程度入手することができる 389 50.8%
あまり入手することができない 140 18.3%
入手することができない 33 4.3%

Q6 医療機関へのアクセスについて

 日常生活をおくるうえで、医療機関へのアクセス(交通の便や専門医の配置など、医療機関へのかかりやすさ)に不便を感じていませんか。

合計 765  
大いに感じている 105 13.7%
ある程度感じている 245 32.0%
あまり感じていない 356 46.5%
全く感じていない 59 7.7%