読み上げ用スキップ設定です。このスキップから本文へジャンプします

三重県議会の活動及びスポーツ、みえ森と緑の県民税についてのアンケート

実施概要

担当部局 実施期間 対象者数 回答者数 回答率 最終報告
みどり共生推進課 2016年11月24日から 2016年12月08日まで 1361 869 63% 表示

 今回は、三重県議会事務局、スポーツ推進局スポーツ推進課、農林水産部みどり共生推進課からのアンケートです。
 はじめに、三重県議会事務局からです。
 三重県議会では、例年12月に1年間の県議会の主な活動を振り返る「三重県議会10大ニュース」を発表しています。
 「三重県議会10大ニュース」を選ぶにあたって、県民の皆さんのご意見も取り入れています。
 選定した結果は、12月下旬の議長定例記者会見で発表し、その後、県議会ホームページに掲載する予定です。皆さんが10大ニュースと思われる活動について、お聞かせください。

※平成28年三重県議会10大ニュース候補の各活動の内容は、添付ファイル(PDF形式)をご覧ください。

 つぎに、スポーツ推進局スポーツ推進課からお聞きします。
 三重県では、スポーツを通じて元気な三重県を実現していくため、三重県スポーツ推進条例を制定し、スポーツの推進に向けた取組を進めています。
 そこで、「スポーツを通じた元気な三重」につなげるため、県民の皆さんの運動・スポーツの実施状況についてアンケートを実施します。

 最後に、農林水産部みどり共生推進課からお聞きします。
 三重県では、平成26年4月1日から「みえ森と緑の県民税」を導入し、個人と法人の県民税均等割に上乗せして納めていただいています。みえ森と緑の県民税は、県と市町が森林づくりの取組に活用しておりますが、今後の取組をより効果的なものとするため、アンケートを実施します。
 ご協力をお願いします。



Q1 三重県議会の活動に関する調査(10大ニュースの選定)

 最初に、三重県議会事務局からお聞きします。
 あなたが、10大ニュースと思われる活動を、次のニュース一覧から最大10個まで選んでください。
 *「その他」は、選択肢以外で、あなたがおすすめの取組がありましたら選んでください。

合計 869  
「みえ現場de県議会〜鳥獣害に強い地域づくり〜」を開催(2月) 164 18.9%
「みえ県議会だより」の新聞折込を開始(4月) 301 34.6%
県議会新体制の発足(副議長、正副委員長等の選出)(5月) 78 9.0%
議会の情報発信をスマートフォンに対応(5月、11月) 231 26.6%
「みえ高校生県議会」を開催(8月) 246 28.3%
手話通訳付き「みえ高校生県議会」録画中継を配信(9月) 118 13.6%
「みえ県民力ビジョン・第二次行動計画」(仮称)最終案等に関し知事に申し入れ(1月) 80 9.2%
常任委員会の1年間の活動評価を実施(3月) 72 8.3%
「人口減少対策調査特別委員会」の委員長報告(3月) 258 29.7%
「子どもの貧困対策調査特別委員会」を設置(5月) 354 40.7%
「サミットを契機とした地域の総合力向上調査特別委員会」を設置(5月) 454 52.2%
「平成28年版成果レポート」に関し知事に申し入れ(8月) 48 5.5%
三重県議会「議員勉強会」を開催(1月、9月、11月) 68 7.8%
「北朝鮮の地下核実験に抗議する決議」を全会一致で可決(1月、9月) 219 25.2%
「第76回国民体育大会の開催に関する決議」を全会一致で可決(3月) 237 27.3%
三重県手話言語条例(議員提出条例)を制定(6月) 119 13.7%
「沖縄県における米軍属による凶悪事件に抗議する決議」を全会一致で可決(6月) 183 21.1%
紀伊半島三県議会交流会議で意見交換(7月) 127 14.6%
「第8回全国自治体議会改革推進シンポジウム」を開催(11月) 96 11.0%
「選挙区調査特別委員会」を設置(5月) 75 8.6%
公共政策大学院からインターンシップ実習生を受入れ(9月) 119 13.7%
その他 40 4.6%

Q2 運動・スポーツの実施回数について

 ここからは、スポーツ推進課からお聞きします。
 あなたは、運動やスポーツをどの程度実施していますか。あてはまるものを1つ選んでください。「運動していない」を選んだ方は、Q5へお進みください。
 ※運動やスポーツの例:ラジオ体操、ストレッチ体操、腹筋・背筋など軽いトレーニング、ウォーキング、ランニング、水泳、ゴルフ、テニス、バレーボールなどの様々な運動やスポーツ(運動には、通勤方法に徒歩や自転車を入れるなど日常生活での工夫した運動も含みます。)

合計 869  
毎日 82 9.4%
週に5〜6回 80 9.2%
週に3〜4回 116 13.3%
週に1〜2回 193 22.2%
月に1〜2回 118 13.6%
運動していない 280 32.2%

Q3 運動・スポーツの実施時間について

 Q2で「毎日」「週に5〜6回」「週に3〜4回」「週に1〜2回」「月に1〜2回」とご回答いただいた方にお聞きします。
 1回(1日に複数回に分けて実施する場合は、1日の合計時間。)あたりの運動またはスポーツの実施時間について、あてはまるものを1つ選んでください。

合計 589  
15分未満 82 13.9%
30分未満 121 20.5%
1時間未満 170 28.9%
1時間以上2時間未満 159 27.0%
2時間以上 57 9.7%

Q4 運動・スポーツの内容について

 Q2で「毎日」「週に5〜6回」「週に3〜4回」「週に1〜2回」「月に1〜2回」とご回答いただいた方にお聞きします。
 あなたが実施している運動やスポーツについて、あてはまるものをすべて選んでください。

合計 589  
体操(ラジオ体操、エアロビクスなど) 165 28.0%
ウォーキング(散歩、ハイキングなどを含む) 293 49.7%
日常生活において、極力歩くこと又は運動することを心がけて実践している(自転車通勤など) 137 23.3%
キャッチボール、ドッジボール 6 1.0%
ボウリング 11 1.9%
ジョギング(ランニング) 64 10.9%
水泳 40 6.8%
室内運動器具(エアロバイクなど)を使ってする運動 77 13.1%
スキー、スノーボード 13 2.2%
登山(クライミングを含む) 26 4.4%
ハイキング、ワンダーフォーゲル、オリエンテーリング 14 2.4%
ゴルフ 63 10.7%
サイクリング、モーター(サイクル)スポーツ 35 5.9%
野球、ソフトボール 17 2.9%
サッカー、フットサル(ブラインドサッカーを含む) 10 1.7%
バレーボール、バスケットボール(シッティングバレーボール、車いすバスケットボールを含む) 9 1.5%
テニス、ソフトテニス、バドミントン、卓球(車いすテニスを含む) 41 7.0%
その他 47 8.0%

Q5 スポーツボランティアへの参加について

 あなたは、三重県内で開催されるスポーツイベント(マラソン大会等)でのボランティア活動に参加したいと思いますか。

合計 869  
思う 214 24.6%
思わない 655 75.4%

Q6 スポーツについて

 あなたは、スポーツを通じて夢や感動が育まれていると感じますか。あなたの実感に最も近いものを1つ選んでください。

合計 869  
感じる 324 37.3%
どちらかといえば感じる 421 48.4%
どちらかといえば感じない 48 5.5%
感じない 36 4.1%
わからない 40 4.6%

Q7 「みえ森と緑の県民税」について 1

 ここからは、みどり共生推進課からお聞きします。
 県では、「災害に強い森林づくり」と「県民全体で森林を支える社会づくり」を推進するため、平成26年4月1日から「みえ森と緑の県民税(個人と法人の県民税の超過課税)」を導入しました。
 あなたは、「みえ森と緑の県民税」が、個人は平成26年度分の個人県民税から、法人は平成26年4月1日以後に開始する事業年度分の法人県民税から課税されていることをご存じですか。

合計 869  
知っている 249 28.7%
知らない 620 71.3%

Q8 「みえ森と緑の県民税」について 2

 「みえ森と緑の県民税」は、個人と法人の県民税均等割に上乗せして納めていただいており、税額は、個人が年額1,000円、法人は県民税均等割の10%相当額(年額2,000円〜80,000円)です。
 あなたは、ご負担いただいている税額をご存じですか。

合計 869  
知っている 156 18.0%
知らない 713 82.0%

Q9 「みえ森と緑の県民税」について 3

 あなたは、「みえ森と緑の県民税」の導入や課税の時期、税額などの情報を何で知りましたか。あてはまるものをすべて選んでください。

合計 869  
県政だよりみえ(紙版・データ放送版) 180 20.7%
市町の広報誌 95 10.9%
その他団体の広報誌 13 1.5%
県・市町のホームページやフェイスブック 30 3.5%
ポスター 30 3.5%
チラシ、リーフレット 28 3.2%
ポケットティッシュ等の啓発物品 7 0.8%
テレビ 17 2.0%
ラジオ 14 1.6%
新聞 37 4.3%
自動車税の納税通知書に同封されていたチラシ 50 5.8%
個人住民税(みえ森と緑の県民税)の納税(税額決定)通知書 67 7.7%
勤務先からの案内 11 1.3%
雑誌やフリーペーパー 8 0.9%
研修会や体験会(木工、森林講座)等のイベント 7 0.8%
県庁舎の懸垂幕 2 0.2%
県または市町の職員による説明 8 0.9%
人伝え(口コミ) 18 2.1%
その他 17 2.0%
知らない 549 63.2%

Q10 「みえ森と緑の県民税」の活用について(県が実施主体の取組 1)

 ここからは、「みえ森と緑の県民税」を活用している県、市町の取組についてお聞きします。
 はじめに、県が実施主体となっている取組からです。
 渓流内の危険木の除去、流木や土砂の流出を抑制するための森林整備、治山施設等に異常堆積して流出の恐れがある土砂や流木の除去など、「土砂や流木を出さない森林づくり」の取組に活用しています。
 あなたは、これらの取組への活用は今後も必要であると思いますか。

合計 869  
そう思う 394 45.3%
どちらかと言えばそう思う 308 35.4%
どちらとも言えない 50 5.8%
どちらかと言えばそう思わない 18 2.1%
そう思わない 18 2.1%
わからない 81 9.3%

Q11 「みえ森と緑の県民税」の活用について(県が実施主体の取組 2)

 森林環境教育指導者育成のための研修会開催、地域で行う森林環境教育のコーディネート、森づくり活動者のための研修会開催、森づくり活動に必要な物品の貸出など、「森を育む人づくりのサポート」の取組に活用しています。
 あなたは、これらの取組への活用は今後も必要であると思いますか。

合計 869  
そう思う 310 35.7%
どちらかと言えばそう思う 342 39.4%
どちらとも言えない 77 8.9%
どちらかと言えばそう思わない 33 3.8%
そう思わない 27 3.1%
わからない 80 9.2%

Q12 「みえ森と緑の県民税」の活用について(市町が実施主体の取組 1)

 荒廃した里山や竹林の整備、人家裏や道路沿い等の危険木の除去、病虫被害木の伐倒駆除や防除、その他(水源林の公有林化、学校林の整備、竹林整備器具の購入・貸出)など、「暮らしに身近な森林づくり」の取組に活用しています。
 あなたは、これらの取組への活用は今後も必要であると思いますか。
      

合計 869  
そう思う 413 47.5%
どちらかと言えばそう思う 322 37.1%
どちらとも言えない 42 4.8%
どちらかと言えばそう思わない 19 2.2%
そう思わない 18 2.1%
わからない 55 6.3%

Q13 「みえ森と緑の県民税」の活用について(市町が実施主体の取組 2)

 小中学生対象の森林環境教育、市町民対象の木工等の体験、小学校への木製机・イスの導入、子ども対象の木製遊具等の配布や導入、市町民対象のイベントの開催、その他(森林・木材関連図書購入、森林環境教育のフィールド整備)など、「森を育む人づくり」の取組に活用しています。
 あなたは、これらの取組への活用は今後も必要であると思いますか。

合計 869  
そう思う 342 39.4%
どちらかと言えばそう思う 334 38.4%
どちらとも言えない 82 9.4%
どちらかと言えばそう思わない 21 2.4%
そう思わない 36 4.1%
わからない 54 6.2%

Q14 「みえ森と緑の県民税」の活用について(市町が実施主体の取組 3)

 公共建築物の木造・木質化、公共施設内への木製備品類の購入、その他(地域材を活用した住宅建築への支援、未利用材の木質バイオマス発電への利用促進)など、「木の薫る空間づくり」の取組に活用しています。
 あなたは、これらの取組への活用は今後も必要であると思いますか。

合計 869  
そう思う 299 34.4%
どちらかと言えばそう思う 348 40.0%
どちらとも言えない 95 10.9%
どちらかと言えばそう思わない 33 3.8%
そう思わない 39 4.5%
わからない 55 6.3%

Q15 「みえ森と緑の県民税」の活用について(市町が実施主体の取組 4)

 保育園の園庭や公園の芝生化、その他(身近な公園等の森林整備を行う住民活動支援、緑化活動支援)など、「地域の身近な水や緑の環境づくり」の取組に活用しています。
 あなたは、これらの取組への活用は今後も必要であると思いますか。

合計 869  
そう思う 373 42.9%
どちらかと言えばそう思う 324 37.3%
どちらとも言えない 77 8.9%
どちらかと言えばそう思わない 24 2.8%
そう思わない 28 3.2%
わからない 43 4.9%

Q16 「みえ森と緑の県民税」の活用について

 あなたは、「みえ森と緑の県民税」について、今後、どのような取組に活用されることが特に重要だと思いますか。
 次の取組の中から、特に重要だと思うものを3つ選んでください。

合計 869  
渓流内の危険木の除去、流木や土砂の流出を抑制するための森林整備 445 51.2%
荒廃した里山や竹林の整備 419 48.2%
人家裏や通学路沿い等の危険木の伐採・撤去 356 41.0%
病虫被害木の伐倒駆除や防除 161 18.5%
水源林等の公有林化 163 18.8%
小中学校等における森林環境教育の実施 128 14.7%
県産材を活用した机・イスの小中学校等への配布 69 7.9%
森林ボランティア活動等の支援 80 9.2%
山村地域との交流や植樹祭など森林とのふれあい促進 30 3.5%
街中の緑化(植樹や校庭の芝生化) 133 15.3%
森林浴など森林を活用するための歩道やベンチの設置 81 9.3%
県産材を活用した公共建築物等の木造・木質化 59 6.8%
未利用材の木質バイオマス発電への利用促進 95 10.9%
住民による海岸漂着流木の回収活動の支援 42 4.8%
その他 25 2.9%
わからない 42 4.8%