読み上げ用スキップ設定です。このスキップから本文へジャンプします

運動・スポーツと文化振興等に関するアンケート

実施概要

担当部局 実施期間 対象者数 回答者数 回答率 最終報告
文化振興課 2017年09月01日から 2017年09月18日まで 1166 778 66% 表示

 今回は、スポーツ推進課、文化振興課からのお願いです。
 はじめに、スポーツ推進課からお聞きします。
 県では、みえ県民力ビジョン・第二次行動計画や三重県スポーツ推進計画(H27〜H30)において、成人の週1回以上の運動・スポーツ実施率等の目標を掲げ、スポーツの推進に向けた取組を進めています。「県民力を結集した元気なみえ」につなげるため、また、今後のスポーツ推進のための施策に役立てるため、皆さんの運動・スポーツの実施状況やスポーツ大会への関心について、アンケートを実施します。
 つぎに、文化振興課からお聞きします。
 県では、「新しいみえの文化振興方針」(平成26年11月策定)に基づき、「文化にふれ親しみ、創造する機会の充実」と「学びとその成果を生かす場の充実」に取り組んでいます。
 今後の「新しいみえの文化振興方針」の推進にあたっての参考意見とするとともに、その評価に役立てるため、アンケートを実施します。
 ご協力よろしくお願いします。


Q1 運動・スポーツの実施回数について

あなたは、運動やスポーツをどの程度実施していますか。あてはまるものを1つ選んでください。「運動していない」とお答えいただいた方は、Q4へお進みください。
※運動やスポーツの例:ラジオ体操、ストレッチ体操、腹筋・背筋など軽いトレーニング、ウォーキング、ランニング、水泳、ゴルフ、テニス、バレーボールなどの様々な運動やスポーツ(運動には、通勤方法に徒歩や自転車を入れるなど日常生活での工夫した運動も含む。)

合計 778  
毎日 82 10.5%
週に5〜6回 66 8.5%
週に3〜4回 97 12.5%
週に1〜2回 146 18.8%
月に1〜2回 111 14.3%
運動していない 276 35.5%

Q2 運動・スポーツの実施時間について

Q1で「毎日」「週に5〜6回」「週に3〜4回」「週に1〜2回」「月に1〜2回」とお答えいただいた方にお聞きします。
1回(1日に複数回に分けて実施する場合は、1日の合計時間。)あたりの運動またはスポーツの実施時間について、あてはまるものを1つ選んでください。

合計 502  
15分未満 81 16.1%
30分未満 98 19.5%
1時間未満 150 29.9%
1時間以上2時間未満 127 25.3%
2時間以上 46 9.2%

Q3 運動・スポーツの内容について

Q1で「毎日」「週に5〜6回」「週に3〜4回」「週に1〜2回」「月に1〜2回」とお答えいただいた方にお聞きします。
あなたが実施している運動やスポーツについて、あてはまるものをすべて選んでください。

合計 502  
体操(ラジオ体操、エアロビクスなど) 141 28.1%
ウォーキング(散歩、ハイキングなどを含む) 238 47.4%
日常生活において、極力歩くこと又は運動することを心がけて実践していること(自転車通勤など) 114 22.7%
キャッチボール、ドッジボール 9 1.8%
ボウリング 4 0.8%
ジョギング(ランニング) 46 9.2%
水泳 28 5.6%
室内運動器具(エアロバイクなど)を使ってする運動 64 12.7%
スキー、スノーボード 16 3.2%
登山(クライミングを含む) 16 3.2%
ハイキング、ワンダーフォーゲル、オリエンテーリング 7 1.4%
ゴルフ 48 9.6%
サイクリング、モーター(サイクル)スポーツ 30 6.0%
野球、ソフトボール 16 3.2%
サッカー、フットサル(ブラインドサッカーを含む) 8 1.6%
バレーボール、バスケットボール(シッティングバレーボール、車いすバスケットボールを含む) 6 1.2%
テニス、ソフトテニス、バドミントン、卓球(車いすテニスを含む) 30 6.0%
その他 68 13.5%

Q4 スポーツボランティアへの参加について

あなたは、三重県内で開催されるスポーツイベント(マラソン大会等)でのボランティア活動に参加したいと思いますか。

合計 778  
思う 176 22.6%
思わない 602 77.4%

Q5 スポーツについて

あなたは、スポーツを通じて夢や感動が育まれていると感じますか。あなたの実感に最も近いものを1つ選んでください。

合計 778  
感じる 282 36.2%
どちらかといえば感じる 376 48.3%
どちらかといえば感じない 47 6.0%
感じない 38 4.9%
わからない 35 4.5%

Q6 スポーツ大会について

あなたは、つぎのスポーツ大会が行われることをご存じですか。ご存じのものをすべて選んでください。

合計 722  
全国高等学校総合体育大会(平成30年度三重県開催) 357 49.4%
ラグビーワールドカップ2019(平成31年度) 325 45.0%
東京オリンピック・パラリンピック競技大会(平成32年度) 649 89.9%
全国中学校体育大会(平成32年度三重県開催) 105 14.5%
国民体育大会(三重とこわか国体)及び全国障害者スポーツ大会(三重とこわか大会)(平成33年度三重県開催) 385 53.3%

Q7 これまで行ったことのある県立文化施設について

ここからは、文化振興課からお聞きします。
つぎの県立文化施設のうち、あなたがこれまでに行ったことのある施設はどれですか。あてはまるものをすべて選んでください。「行ったことのある施設はない」とお答えいただいた方はQ9へお進みください。

合計 778  
三重県文化会館 508 65.3%
三重県立図書館 314 40.4%
三重県総合博物館(MieMu) 291 37.4%
三重県立美術館 318 40.9%
斎宮歴史博物館 211 27.1%
三重県生涯学習センター 169 21.7%
行ったことのある施設はない 147 18.9%

Q8 昨年1年間で県立文化施設に行った回数について

あなたは、昨年1年間で展覧会や公演、イベント等のため、県立文化施設に何回ぐらい行きましたか。あてはまるものを1つ選んでください。
なお、県立文化施設とはQ7の選択肢で掲げた施設をいいます。

合計 634  
1回も行っていない 244 38.5%
1回 157 24.8%
2〜5回 195 30.8%
6〜9回 18 2.8%
10回以上 20 3.2%

Q9 文化芸術への関心について

あなたは、文化芸術(※)に関心がありますか。あてはまるものを1つ選んでください。
※「文化芸術」には、文学、美術、音楽、演劇・舞踊、写真、メディア芸術、伝統芸能、生活文化等を含みます。

合計 778  
関心がある 209 26.9%
どちらかといえば関心がある 355 45.6%
どちらかといえば関心はない 133 17.1%
関心はない 59 7.6%
わからない 22 2.8%

Q10 文化芸術にふれ親しむ方法について

あなたが日常生活で文化芸術にふれ親しむ方法として、最も近い行動はどれですか。あてはまるものを1つ選んでください。

合計 778  
主に文化芸術の鑑賞を行っている 356 45.8%
主に文化芸術に関する活動を行っている 21 2.7%
鑑賞、活動のどちらも行っている 43 5.5%
鑑賞、活動のどちらも行っていない 248 31.9%
わからない 110 14.1%

Q11 文化芸術の鑑賞の妨げについて

あなたが文化芸術の鑑賞を行うにあたって、その妨げになることは何ですか。あてはまるものをすべて選んでください。

合計 778  
時間的余裕がない 405 52.1%
経済的余裕がない 221 28.4%
魅力的なものがない 161 20.7%
情報が得にくい 256 32.9%
施設が身近にない 304 39.1%
施設までの交通が不便 178 22.9%
指導者がいない 18 2.3%
仲間がいない 117 15.0%
関心がない 87 11.2%
その他 15 1.9%
特にない 34 4.4%

Q12 文化芸術に関する活動の妨げについて

あなたが文化芸術に関する活動を行うにあたって、その妨げになることは何ですか。あてはまるものをすべて選んでください。

合計 778  
時間的余裕がない 403 51.8%
経済的余裕がない 222 28.5%
魅力的なものがない 125 16.1%
情報が得にくい 194 24.9%
施設が身近にない 210 27.0%
施設までの交通が不便 108 13.9%
指導者がいない 94 12.1%
仲間がいない 185 23.8%
関心がない 140 18.0%
その他 14 1.8%
特にない 61 7.8%

Q13 みえの歴史文化への意識の変化について

昨年から今年にかけて、伊勢志摩サミットやお伊勢さん菓子博の開催、「山・鉾・屋台行事」のユネスコ無形文化遺産登録など、みえの食文化や伝統芸能等が国内外から注目される機会がありましたが、みえの歴史文化へのあなたの意識に変化はありましたか。あてはまるものを1つ選んでください。

合計 778  
関心が高まった 81 10.4%
どちらかといえば関心が高まった 285 36.6%
変わらない 287 36.9%
どちらかといえば関心は高まらなかった 31 4.0%
関心は高まらなかった 72 9.3%
わからない 22 2.8%

Q14 本居宣長について

県では、松阪が生んだ偉大な国学者・本居宣長をテーマに、10月14日に県総合文化センターで「宣長サミット」を、また9月30日〜11月26日には県立美術館で「本居宣長展」を開催します。
本居宣長について、あなたがご存じのことはありますか。あてはまるものをすべて選んでください。

合計 778  
宣長は、35年の歳月を費やし「古事記」を研究し、「古事記伝」を執筆した 326 41.9%
松阪市には「古事記伝」などの自筆稿や自画像などを公開している「本居宣長記念館」がある 372 47.8%
宣長は、生涯のほとんどを松阪で過ごしたが、全国各地に弟子がいた 107 13.8%
宣長は、木綿商の家に生まれるが、医者を生業とした 166 21.3%
童謡「七つの子」、「赤い靴」などの作曲家(本居長世)は、宣長の子孫である 92 11.8%
その他 15 1.9%
知らない 246 31.6%

Q15 三重県に対する誇りや愛着について

あなたは、三重県には全国的あるいは国際的に誇ることができる歴史的資産等(※)があり、愛着を感じることができると思いますか。あてはまるものを1つ選んでください。
※「歴史的資産等」・・・伊勢神宮や熊野古道、世界から評価される偉人(俳聖「松尾芭蕉」、日本人の世界観・価値観を探求した「本居宣長」、世界で初めて真珠養殖を成功させた「御木本幸吉」など)のほか、各地域で継承されている伝統的な芸能・祭り・行事や文化財などの歴史的な資産、地域独特の言葉遣いや衣服、食べ物、習慣などをいいます。

合計 778  
そう思う 299 38.4%
どちらかといえばそう思う 383 49.2%
どちらかといえばそう思わない 65 8.4%
そう思わない 31 4.0%