読み上げ用スキップ設定です。このスキップから本文へジャンプします

広聴広報に関するアンケート

実施概要

担当部局 実施期間 対象者数 回答者数 回答率 最終報告
広聴広報室 2008年03月14日から 2008年03月27日まで 1040 610 58% 表示

三重県広聴広報室です。

三重県では、広報紙「県政だよりみえ」をはじめ、テレビ、ラジオといったマスメディアを通じて、県民の皆さんにさまざまな情報をお届けしています。これらの広報のうち、新聞広告などについて、どれだけ多くの皆さんにご覧いただいているかを毎年度末にお伺いしています。
また、インターネットを使った広聴のしくみ「e-コメント」についても運営の参考とさせていただきたく、ご意見をお聞きします。

※ なお、このアンケートでお伺いする新聞広告「広報みえNo.423」とは、3月13日(木)の朝日新聞・伊勢新聞・産経新聞・中日新聞・毎日新聞、3月14日(金)の読売新聞に掲載されたものです。広告の見本を添付しますので、参考にしてください。

PDFファイルが開かない方は下記より「Adobe R Reader R」をインストールしてからご覧ください。
http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html



Q1 《新聞広告》新聞を読みましたか?

3月13日(木)の朝日新聞・伊勢新聞・産経新聞・中日新聞・毎日新聞、3月14日(金)の読売新聞のうち、いずれかの新聞を読みましたか?

合計 610  
読んだ(Q2へ) 333 54.6%
覚えていない(Q2へ) 94 15.4%
読んでいない(Q4へ) 183 30.0%

Q2 《新聞広告》広告をご覧になりましたか?

(Q1で「読んだ」「覚えていない」とお答えの方にお尋ねします。)

「広報みえ No.423」を新聞紙面上でご覧になりましたか?

合計 427  
確かに見た(読んだ)(Q3へ) 88 20.6%
見た(読んだ)ような気がする(Q3へ) 137 32.1%
見た(読んだ)覚えがない(Q4へ) 202 47.3%

Q3  《新聞広告》広告の理解

(Q2で「確かに見た(読んだ)」「見た(読んだ)ような気がする」とお答えの方にお尋ねします。)

「広報みえ No.423」の内容を理解できましたか?

合計 225  
よく理解できた 18 8.0%
概ね理解できた 155 68.9%
あまり理解できなかった 42 18.7%
理解できなかった 10 4.4%

Q4 《新聞広告》広告の印象

「広報みえ No.423」についての印象を、次の中から選んでください。(複数回答可)

* 新聞紙面上でご覧になっていない方は、お手数ですが、添付ファイル「広報みえNO.423」をご参照のうえお答えください。

合計 610  
読みやすい 186 30.5%
レイアウトが良い   127 20.8%
紙面がすっきりしている 170 27.9%
読みにくい  118 19.3%
レイアウトが良くない 58 9.5%
紙面がごちゃごちゃしている    121 19.8%
その他 44 7.2%

Q5  《テレビ広報》テレビ広報番組をご覧になっていますか?

「輝け!三重人〜ふるさと三重づくり〜」(毎週金曜日(第5週を除く)の22:15〜22:30 三重テレビで放送)をご覧になっていますか?


合計 610  
いつも見ている(毎回見ている)(Q6へ)  4 0.7%
ときどき見ている(月に1〜2回程度見ている)(Q6へ) 26 4.3%
たまに見ている(2ヶ月に1回程度見ている)(Q7へ)  56 9.2%
見たことがある(年に1回程度見たことがある)(Q7へ)  75 12.3%
見たことがない(Q7へ) 449 73.6%

Q6 《テレビ広報》番組の内容の理解

(Q5で「いつも見ている(毎回見ている)」「ときどき見ている(月に1〜2回程度見ている)」とお答えの方にお尋ねします。)

「輝け!三重人〜ふるさと三重づくり〜」をご覧になって、県政に対しての理解は深まりましたか?


合計 30  
深まった 2 6.7%
少し深まった 23 76.7%
あまり深まらなかった 5 16.7%
深まらなかった 0 0.0%

Q7 《その他》県からの情報の伝達度

これまでの質問で紹介をしました新聞広告「広報みえ」(年10回程度掲載)やテレビ広報番組「輝け!三重人〜ふるさと三重づくり〜」に加え、三重県では、さまざまな方法で県の情報を県民の皆さんにお伝えする取り組みを行っています。
 広聴広報室や情報公開室において行っている主な取り組みは次のとおりです。
 
○「県政だより みえ」(毎月発行、県内全世帯に配布)

○ラジオでのお知らせ
 東海ラジオ  火曜日  10時35分〜40分 木曜日 15時00分〜05分
 CBCラジオ 木曜日  11時20分〜25分 土曜日  10時51分〜54分
 FM三重  月〜金曜日 7時43分〜48分  月曜日  18時22分〜27分
         火曜日  14時21分〜26分 金曜日  18時26分〜31分
  
○県から資料・情報を提供し、テレビ、ラジオ、新聞などを通じて行われる報道
 新聞6紙における掲載数 年間4,000件程度

○三重県のホームページ http://www.pref.mie.jp
 ホームページへのアクセス件数 約119万件/月

○知りたい県政情報について、請求に基づき公開する制度(情報公開制度)
 過去3年間公文書開示決定件数
 16年度  開示 16,867件  部分開示 3,546件
 17年度  開示 18,672件  部分開示 11,114件
 18年度  開示 27,859件  部分開示 11,120件

 一方で、こうした取り組みによって、県民の皆さんが県の情報を十分受け取っていると感じていただいているのか、その効果を確かめるには困難な面があります。
 そこで、県の情報がどの程度伝わっていると、皆さんがお感じになっているかお尋ねしたいと思います。当てはまるものを選択してください。
  

合計 610  
十分に伝えられていると思う。   27 4.4%
概ね伝えられていると思う。 249 40.8%
あまり伝えられていないと思う。 315 51.6%
まったく伝えられていないと思う。 19 3.1%

Q8 《e-コメント》e-コメントの周知度

広聴広報室では、インターネットを使って県民の皆さんからご提案や実例などをお聞きする「e−コメント」を実施していますが、これまでこの「e-コメント」をご覧いただいたり、投稿いただいたりしたことがありますか。

e-コメント http://www.e-kocho.pref.mie.jp/comment/

合計 610  
投稿したことがある。 26 4.3%
見たことがあるが、投稿はしたことがない。 195 32.0%
見たことはない。または、今回初めて見た。 389 63.8%

Q9 《e-コメント》投稿しない理由

広聴広報室としましては、アクセス数や投稿数(書込み数)が少なく、まだまだ県民の皆さんに活用されていないと感じているところですが、特に、投稿数が少ない原因はどこにあると思われますか。 3つまでお選びください。

※ 「e−コメント」をご覧いただいたことがない方は、お手数ですが画面をご覧いただいたうえでお答えください。

合計 610  
投稿をしたくなるようなテーマがない。テーマが難しい。 103 16.9%
テーマに関する詳しい情報が少なく、何を投稿していいのかわからない。 140 23.0%
自分の意見が公開されることに抵抗がある。 48 7.9%
県側からの投稿が少ない。 20 3.3%
操作方法がわかりにくい。書き込みの方法がわからない。 25 4.1%
投稿した意見などがどのように県政に活用されているのかがわからない。 138 22.6%
投稿をするメリットが感じ取れない。 129 21.1%
テーマや投稿者等が固定的で参加しづらい。 30 4.9%
e-コメントの制度そのものの目的が不明確である。  76 12.5%
周知不足。 345 56.6%
特に書き込み数が少ないとは思わない。   12 2.0%
わからない。 60 9.8%
一般的には、県政に関心がない人が多いから。 129 21.1%
その他 23 3.8%

Q10 《e-コメント》携帯電話の活用

携帯電話からの投稿を可能とした場合、投稿したいと思いますか。


合計 610  
はい 23 3.8%
いいえ 275 45.1%
テーマ次第 208 34.1%
わからない 104 17.0%