読み上げ用スキップ設定です。このスキップから本文へジャンプします

新県立博物館の整備について

実施概要

担当部局 実施期間 対象者数 回答者数 回答率 最終報告
新博物館整備推進室 2010年02月04日から 2010年02月22日まで 1502 994 66% 表示

 県では、三重の自然や歴史・文化の資産を保全、継承、活用し、人づくりや地域づくりに貢献する「文化と知的探求の拠点」となる新博物館の整備を、2014(平成26)年、津市に開館することをめざして進めており、2010(平成22)年度には、施設建設に着手する予定です。

 現在の三重県立博物館は、約28万点の資料を所蔵し、唯一の三重に関する総合博物館ですが、開館後、半世紀以上を経て、建物の老朽化により休館しています。博物館を閉鎖した状態が続くことで、三重のことを総合的に調査研究し、情報提供・発信する場がなくなっており、一日も早い新しい博物館の整備が必要になっています。

 新博物館は、三重の未来を拓(ひら)く子どもたちにとっては、学校と異なる学びの場として、また、県民の皆さんにとっては、暮らしの舞台である地域の魅力を発見できる場として、展示を見るだけでなく、幅広い年代の人が、一緒に学び、交流し、活動できる新しいタイプの博物館となることをめざしています。

 つきましては、こうした新博物館づくりにあたって、県民の皆さんのご意見を反映していきたいと考え、アンケートを実施します。

 なお、1月26日の三重県議会において、知事が「なぜ今県立博物館か」について、説明を行いました。その音声データと発言内容を添付しますので、お聴きください。
 【知事説明音声データ】
   http://www.pref.mie.jp/MOVIE/detail.asp?con=2875



Q1 県内外の博物館への訪問

今まで、県内外の博物館に行かれたことはありますか。

合計 994  
ある(延べ5回以上) 268 27.0%
ある(延べ1〜4回) 492 49.5%
ない 234 23.5%

Q2 三重県立博物館への訪問

今まで、三重県立博物館(所在地:津市)に行かれたことはありますか。

合計 994  
ある 332 33.4%
ない 662 66.6%

Q3 三重県立博物館の休館について

現在、三重県立博物館が老朽化と耐震性の問題から休館(平成19年10月から)となっていることを知っていましたか。

合計 994  
休館の理由も含め知っていた 188 18.9%
休館していることは知っていた 196 19.7%
知らなかった 610 61.4%

Q4 新県立博物館の整備について

2014(平成26)年開館をめざして、新しい県立博物館の整備が進められていることを知っていましたか。

合計 994  
内容も含め知っていた 74 7.4%
整備を進めていることは知っていた 319 32.1%
知らなかった 601 60.5%